カロートリフォームの価格表

カロートリフォームの価格表

カロート価格表
お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)

カロート浸水対策

どんな時にカロート浸水対策が必要なのか?

カロート浸水対策ポイント

亡くなった仏様のご遺骨を納めている場所を『カロート(納骨室)』と言います。
このカロートに『水が溜まっているのではないか?』とのご相談頂くことがございます。
雨水がカロートに入ってしまうのではないかと心配されているケースです。
カロートは元々、墓石の下に造られるので、多少の雨水などが入っても抜けるように設計されています。

ではなぜ水が溜まってしまうカロートがあるのでしょうか?
一つは、『地盤が固すぎて地面に溜まった水が中々引かずにカロート内に溜まってしまう』ケースです。
もう一つは、『山から流れてくる水や井戸水などの通り道の上に墓地があり、地下から水が湧いてくる』ケースです。
このような場合は、水が抜けるように改修工事をする必要があります。

また、改修工事を行う際にはカロートの材質も確認しましょう。
現在のカロートが『大谷石』や『コンクリートブロック』で出来ている場合、浸水や湿気により、傷んでいる 可能性があります。

ご一緒に頑丈でカロート内をきれいに保てるみかげ石製のカロートに取り換えることをお薦めします。

カロート浸水対策のポイント

対処法 1

墓石や線香入れの下の板石(=拝石)の目地がとれてしまって、そこからカロートに水が
入ってしまう、カロートが水浸してしまう、と心配されるお施主様が多いです。
確かに、そのままにしておくとカロートに水が入ってしまう可能性があり、長い間には石にも影響が出る恐れがありますので、補修することをお薦めします。
ひとつご安心頂きたいのは、カロートは納骨したご遺骨をゆくゆくは土に還すために散骨することを想定して設計されています。
ですから、カロートの底の部分は土や砂や砂利で作製されていて、浸入した雨水は
底の土に吸収されるため、カロート内が水浸しになってしまっているという墓地は非常に
稀であるということです。

対処法 2

元々、カロートは水が排水されるように出来ているのに、なぜ水が溜まってしまう墓地があるか
というと、主に2つ理由が考えられます。
一つは、岩盤などで『墓地の地盤が固い』場合です。地盤が固い土地は、非常に頑丈にお墓を
建てられる反面、雨水の地面への浸透性が低く、溜まった水が中々引かない恐れがあるということ
です。
もう一つは、『水の通り道』になっている場合です。周りが山に囲まれている墓地などの場合で、
山から絶えず水が流れてきたり、井戸水の通り道の上に墓地があるために地下から水が湧いてくる
ケースです。
加えて、施工等が原因で水が溜まるケースもあります。
墓石業者が『排水』のことを考えずにカロートの底にコンクリートを打設してしまい水の逃げ場が なくなってしまっている場合です。
また、絶対にあってはならないことですが、過去にあったケースとして、悪徳業者が故意に カロート内に大量の水を入れて、お施主様に見てもらい、カロート改修工事を受注しようとした 事例がありました。
このように、悪徳業者に騙されないためにも、『通常カロートは水が溜まらない設計』になって
いるということを覚えておきましょう。

対処法 3

上記が原因で、カロートに水が溜まってしまった場合の対処法として以下の方法が考えられます。
①カロート内に排水用の管を設置する
地面に自然浸透させるのではなく排水管によって水捌けの良い地盤まで水を逃がす手法です。
②カロートが設置される位置を高くする
カロートが通路(地面)より低い位置に設置されている場合、水が溜まりやすくなります。

そのため、一段台石を足すなどしてカロートの設置位置を高くすることで水が湧きあがってくる ことを防ぎます。
また、通常の『地下式カロート』を『丘カロート型(地上式カロート)』に交換するケースも ございます。
通常、カロートの上には墓石が建っているため、カロートの設置位置を高くするということは 墓石の高さも現状より上がるということを意味します。

対処法 4

カロートへの浸水は、一緒に土を運んでくるケースが多く、カロートを開けた時に内部が土で いっぱいになっていることがあります。
また、浸水はしていなくても、カロート内の湿気により骨壷の中に水が溜まってしまうケースがあります。
その場合の対処法としては、カロート内に棚石の付いたカロートを施工することで湿気を防ぐことができます。
骨壷をカロートの底に直接安置するのではなく、カロート内に棚石をつけ、棚石の上に安置する ことで泥汚れや湿気への対策となります。

対処法 5

カロート浸水防止対策を実施する場合、是非ご検討頂きたいことがございます。
20年以上前のカロートは、材質が『大谷石』や『コンクリートブロック』で作製されている ケースが多いです。
浸水や長年の湿気で風化している場合が多いですので、是非この機会にカロートの材質を風化に強い『みかげ石製』に取り換えることをご検討下さい。
『みかげ石製』のカロートは、表面が磨かれているので、カロート内が綺麗に保てます。

但し、『みかげ石』でも、比較的安価な種類で作製される方が多いです。
それは、カロートは納骨時以降は見えなくなってしまいますし、色や種類をこだわって作製しても、ご自身では開けて確認することが難しいからでしょう。

お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)

カロート浸水対策の流れ

カロート浸水対策のステップ

花立修理 リフォームの内容

墓石解体 カロート排水官設工事 墓石据直し工事 カロート工事
お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)

カロート浸水対策と一緒に検討される工事

墓石に磨き直し 外柵の取り換え工事

カロート浸水対策の事例

before after 1 before after 2 before after 3
お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)