本体の目地直し

どんな時に本体の目地直しが必要なのか?

本体の目地直し 概要

目地(めじ)というのは、石の接合部分の表面の事をいいます。
石と石の接着を助ける役目もありますが、一般的には『化粧目地』と言って、見栄えをよくする役目も
担っています。

目地の内側の接合部分にしっかりとモルタルなどが充填してあり、そのモルタルが劣化していなければ
目地が剥がれてしまっても、すぐには石の接合に影響が出ることはありません。

但し、目地が剥がれてしまったことで、接合部分の内側に雨水などが入り込み、悪影響を及ぼすことも
ありますので、定期的に補修をすることをお薦めします。

目地直しの施工方法は主に2種類あり、一つ目は『セメントを用いるセメント目地』、もう一つは
『コーキングという樹脂性接着剤を用いるコーキング目地」です。

昔は『セメント目地』が主流でしたが、最近では耐震性に優れた『コーキング目地』が主流となっています。

本体の目地直しのポイント

対処法 1

目地部分が一番経年劣化が起りやすく、10年程度で『剥がれてしまう』、
『ポロっととれてしまう』などの事象が起ってしまいます。
そのままにしておいても、すぐには影響がありませんが、とれてしまった所に雨水が溜まり、
石を接合させている目地の内側のモルタルなどが劣化する恐れがありますので注意が必要です。
目地部分に水や汚れが溜まると、ゆくゆくは墓石自体にも影響する可能性があります。
お墓を建ててから10年程度が経過したら、一度目地がとれている部分はないか
確認してみましょう。

対処法 2

目地直しの施工方法は主に2種類あり、『セメントを用いるセメント目地』と『コーキングと
いう樹脂性接着剤を用いるコーキング目地』があります。
耐震性や費用を考慮して使い分けましょう。
『みかげ石』の場合、『コ―キング目地』を使用するのが最近の傾向です。
弾力性と粘着性が高いため、地震などに強いと言えます。
但し、経年劣化は免れませんので、10年以上経過している場合は一度目地部分を確認して
みましょう。
『セメント目地』は施工後、完全に固まる(硬化する)ことで石と石を接合します。
『大谷石』など、表面に凹凸がある石は接合が良く、何十年と経過しても目地切れしていない場合もあります。
しかし、『みかげ石』と比べるとやはり劣化は早いので、お参りに行った際には目地切れしている部分がないか確認してみましょう。
耐震性を考えると『コ―キング目地』がお薦めです。
また、『コ―キング目地』は、専用のガンを使用するため狭い所への施工ができません。
耐震性や費用、施工場所によって2つの目地を使い分けることが必要です。

対処法 3

目地が剥がれてしまった原因が、セメントや樹脂性接着剤の経年劣化が原因である場合は補修を
すれば良いのですが、補修だけでは済まない場合があります。
設置されている石が、地盤の弱い方に傾いて引っ張られることで、石が動いている時などは、
いくら目地の補修をしても再度目地が剥がれてきてしまうことになるでしょう。
その場合は、あくまでも目地直し作業は応急処置だと考え、早急に根本の原因である『基礎強化工事』などの改修工事を行うことをお薦め致します。

傾き直しリフォームは、お墓の一時解体が伴う工事なので、この機会に地震に
より強いお墓にすることを検討してみましょう。

お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)

本体の目地直しの流れ

本体の目地直しのステップ

本体の目地直しの内容

テープ貼り コーキング注入 完成 目地直し(コーキング目地)工事
お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)

磨き直しリフォームと一緒に検討される工事

花立、線香入れのリフォーム 雑草対策

磨き直しリフォームの事例

磨き直しbefore after 1 磨き直し before after 2 磨き直し before after 3
お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)