お墓の撤去

どんな時にお墓の撤去が必要なのか?

お墓の撤去 概要

昨今よく耳にする言葉で、『墓じまい』という言葉があります。
『墓じまい』とは、つまり、現在管理しているお墓を解体処分して更地に戻し、埋葬されていたご遺骨を
集合納骨堂などに移動することです。

お施主様にかかる費用は、お墓(墓石、外柵、カロート)の解体処分費です。
また、取出したご遺骨を合葬墓などに納骨される場合は、『納骨費用』と『永代供養費用』が掛かってきます。

加えて、現在の管理者に対して、今まで管理して頂いたお礼をされる方が多いです。

お墓の引越しのポイント

対処法 1

『お参りに行ったらお墓がなくなっている!?』
ご自身の知らない所で、親戚や故人の友人などがお参りに来て頂いている場合があります。
滅多にお参りに来ない方がお墓を撤去した後にお参りに来られるケースもございます。
お参りに行った時に、急にお墓がなくなっていたら驚いてしまうでしょう。
そのことが原因で親族間でもめてしまうケースも耳にします。
そのためにも親族や知人などには事前に話しをしておきましょう。

対処法 2

昔は、『お墓は一家の後継者(長男)が継ぐもの』という考えが一般的でした。
しかし、昨今では少子化などの事情から、お墓の継承方法も変わってきています。
現在は、お墓を継承する方が名字の違う娘夫婦様の場合も多いですし、甥や姪にお墓を受け継いで もらうケースもあります。
『民間霊園』など、墓地によってはお墓の後継者は『三親等内まで』と、明確に決まっている
場合もありますが、寺院墓地は住職のお考えによって柔軟に対応して下さるケースが多いです。
ご親戚にお墓を受け継いで守っていくことを了承してくれる方がいる場合は、相談してみましょう。
新しいお墓を一区画求めるにはそれなりの費用がかかります。娘様や甥御様など受け継ぐ方に
とっても有り難い話かもしれません。

対処法 3

取出したご遺骨の移動先は『永代供養墓』、『合葬墓』等なら、『お墓の引っ越し』と同様の
手続きを行い、『改葬許可書』を得るための手順が必要となります。

※現在お墓がある墓地の『永代供養墓(合葬墓)』に移動する場合は、
墓地の管理者が同一のため『改葬許可書』を取得する必要はございません。

注意が必要なのは、『自宅供養』や『散骨』の場合です。

なぜなら、『改葬許可申請書』が受理されない可能性があるからです。

お墓とは、亡くなった方のご遺骨の安置場所であり、行政から墓地として使用する許可を得た土地 でないとご遺骨を埋葬、安置することができません。
そのため、『自己所有している土地(自宅の庭など)にお墓を作って納骨する』という行為は
できません。
ご自宅にずっとご遺骨を置いておくという行為も、改葬の許可が下りない場合があるのです。

 

『散骨』も、漁業や周辺環境に対しての影響を考慮されて、いつでもどこでも行えるわけでは
ありません。実際にご遺骨全てを『散骨』できるわけではなく、『散骨』できるのはご遺骨の
一部分だけという散骨サービスもあるようです。
この場合、『散骨』できなかったご遺骨は、墓地に埋葬しなければいけませんので、結局急いで
お墓探しをしなければならないという問題も生じるでしょう。
『散骨』といっても、一部分しかできない量的制限があったり、いつでもできるわけではないので、
希望通りの予約が取れないなどの時間的制限があることもご理解下さい。

これは、『散骨』自体が新しい葬送の形態なので、まだ制度がしっかり整っていないことを 表しています。

対処法 4

お墓を解体することにより隣接のお墓に被害を与えてしまい、クレームになることも充分考え られるので、料金以上にしっかりとした石材店選びが重要です。
金額だけで業者を決めてしまうと後から隣接する方から苦情がきても、対応してくれないケース などがありますので、業者選びにもよりご注意下さい。

お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)

お墓の撤去の流れ

お墓の撤去のステップ 1 お墓の撤去のステップ 2 お墓の撤去のステップ 3

お墓の撤去の内容

墓石の解体、搬出 合葬墓への納骨 お墓の撤去作業
お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)

お墓の引越しの事例

お墓引越し before after 1 お墓引越し before after 2 お墓引越し before after 2
お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)