自分で出来る手入れ

お墓参りの度にしっかりお手入れすることで、お墓を長く美しい状態に保つ事が出来ます。

後世まで末永くお墓を引き継ぐためにも、日頃からのお手入れを心掛けましょう。

お墓のお手入れはそれほど難しいものではなく、特殊な道具も必要ありません。雑巾やタワシなど、ご自宅にある簡単な清掃道具で十分綺麗にメンテナンス出来ます。

このページでは、どのようにお墓のお手入れを進めて気持ち良いお墓参りをするか、分かりやすく、具体的に説明しておりますのでご参考にしてください。

基礎知識

  • 墓地に生えている雑草を取り、ホウキで枯れ葉やホコリを掃きましょう

    『墓地の中に砂利が敷かれていてホウキを使うと砂利まで一緒に無くなってしまう』というご相談や、『雑草が生えてこないようにしたい』というお声をよく頂きます。
    そのようなお悩みにお答えするために、現在は様々な雑草対策がございます。

  • 枯れた花や古くなった水を捨てて、花立や水鉢をきれいに洗いましょう

    柄の長いタワシや歯ブラシで花立や水鉢を掃除しましょう。
    花立は取り外しが出来るステンレス製のものが簡単に汚れが落ちるためおすすめです。

  • 文字彫刻部分に溜まった汚れを歯ブラシなどできれいにしましょう

    文字が彫刻されている部分にどうしても汚れが溜まってしまいます。
    歯ブラシなどで水洗いしましょう。
    また、彫刻部分にペンキが塗ってある場合があります。
    その場合、ペンキを入れ直すと見栄えが非常によくなります。

  • 墓石を雑巾で拭き掃除をしてきれいにしましょう

    研磨されている石の表面は雑巾で拭けば、きれいに汚れがおちます。
    磨いていない面や表面をわざとデコボコさせている加工の場合はタワシなどを使ったほうが汚れがよく落ちますが、磨いてある石の表面にタワシを使ってしまうと傷がついてしまうこともございますので、ご注意ください。
    また、水洗いでは落ちない汚れや、掃除してもピカピカにならない場合は墓石を再研磨すると新品のように光沢がよみがえります。

  • きれいになったお墓に新しいお花をお供えして、
    お線香をあげ、手を合わせましょう

    お墓のお掃除が終わったら、お線香に火をつけて、お参りをしましょう。

お電話のご相談・お問い合わせ メールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)