基礎知識

永代使用権とは?

永代使用権は『墓地を管理する意思があれば永代的にその土地を墓地として使用することができる権利』です。“墓地を買う”ということは、永代使用権を手に入れるということです。
これは寺院墓地、公営霊園、民営霊園全て同じです。その権利は代々受け継ぐことができます。

お墓の継承

子孫(子供)がいない場合、お墓の継承は一般的には血縁者であれば継ぐことができます。結婚されてご苗字の変わった娘様夫婦が継ぐ場合や甥っ子様、姪っ子様が受け継ぐ場合なども多くございます。
ただし、霊園などでの規約には『墓地の継承者は○○親等内まで』という制限がされている場合もございますので、一度確認しましょう。

寿陵(じゅりょう)=生前建墓

生前にお墓を建てる事を寿陵といいます。戒名や建立者の文字が朱色のお墓を見かけられたら、それが寿陵墓です。『寿陵は縁起がいい』ともいわれていますが、寿陵の一番のメリットは施主様本人がご家族とご相談をしながらじっくり時間をかけて自分の意向にあったお墓を建てられる事だと思います。どなたかが亡くなってからお墓のことを考えるのは、残された遺族にとって簡単な事ではありません。故人様を亡くされた哀しみに茫然としながらもお葬式の準備をして、葬儀が終われば、役所や銀行、保険の手続きで忙しくなります。七七日(49日)の法事まであと何日もないという日までお墓のことに気が回らないというお施主さまも多いです。元気のうちにお墓について考えておくが大切だと思います。

寿陵(じゅりょう)=生前建墓

お墓を他人に譲渡・転売することはできません。他の場所に墓地を手に入れたり、改葬したりして墓地が不要になった時は墓地の管理者(お寺、霊園等)に返還することになります。その際は墓石などを完全に撤去し、更地の状態で返還するのが基本となります。

開眼供養(かいげんくよう)

お墓や仏壇、位牌などは、そのもの自体に魂を入れることで初めて拝む対象となります。お墓や仏壇などを作成、建立した際に魂を入れる法要のことを開眼(かいげん)法要(供養)と言います。他にも<魂入れ(たましいいれ)法要>や<入魂式(にゅうこんしき)>とも呼ばれます。反対にお墓や仏壇を処分するときには抜魂(ばっこん)法要(供養)をしなければいけません。

納骨

納骨の時期については、決まりはありませんが、七七日(49日)の法要の際に行う方が多いです。

追善・年回法要

『お墓参りに行くのはどういうときか?』というご質問を多く受けます。故人様のことを思い出したら、いつでもお墓参りに行って頂くのが良いと思いますが、その中でも是非お墓参りに行って頂きたいお日にちが下記のお日にちです。

「祥月命日と月命日」
一般に命日と呼ばれている、故人様が亡くなった月日のことを祥月命日(しょうつきめいにち)と言います。
月命日(つきめいにち)とは亡くなったお日にちが同じで月が違う、年に11回ほどある日を言います。
「回忌法要」
一般に一周忌、三回忌、七、十三、十七、二十三、二十七、三十三、三十七、五十回忌と執り行われます。
「彼岸・お盆」
お彼岸(ひがん)
お彼岸とは「春分の日」と「秋分の日」をお中日(おちゅうにち)として、その前後3日間のことをいいます。
彼岸のお中日は昼夜の長さが同じになる日で、太陽が真西に沈むため、仏教では西方極楽浄土を望む日とされてきました。彼岸(ひがん)とは向こう岸のことで、反対に、こちら側の岸ことを「此岸(しがん)」といいます。
つまり、私たちが今いる煩悩が多い現世を此岸(しがん)と表し、悩みのない仏の理想の世界(悟り)を彼岸(ひがん)と表します。
お彼岸とときは仏壇をきれいにして、家族そろってお墓参りをしましょう。
お盆
正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言います。
お盆はご先祖様を我が家にお迎えし、家族と共に過ごす行事です。
ご家族そろってお墓参りをして、ご先祖様を我が家にお迎えするために「迎え火」を焚き、お盆期間の最後に「送り火」をしてご先祖様をお見送りします。
昔は、お墓の灯明から「迎え火」の灯りを頂いてくるという習慣もありました。
お盆にはぜひ一家そろってお墓参りをして、ご先祖様を心よりお迎えしましょうまた、故人様が初めて迎えるお盆のことを「新盆(にいぼん、しんぼん、あらぼん)」といい、通常のお盆よりも特に丁重に執り行います。

墓所の手入れ

お墓参りには、雑巾やブラシを用意して、石碑に刻まれた文字の中をブラシで磨き、香炉や花立てなどのゴミを取りはらい、かたく絞った雑巾でふき掃除をします。
古くなった塔婆は所定の場所に片付け、植木の剪定も小まめにおこないましょう。


その他のよくあるご質問はこちら
お電話のご相談・お問い合わせ メールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)