お墓リフォーム最新事例

Before After

このリフォームのポイント

  1. お墓のカロートの中を清掃しました。
  2. カロート内の水はけをよくする作業を行いました。

リフォーム概要説明

今回お問い合わせがあり、お施主様立ち会いのもと、お墓のカロート(納骨室)のフタを開けて、中の様子を一緒に確認しました。

カロート内を確認すると、隙間から泥と水が浸入したのか、カロート内が汚れていて、カロート内にうっすらと水が溜まっておりました。



お施主様と相談のうえ、カロート内の清掃と、カロート底部分の土に穴を開けて水はけがよくなるような作業をやらせて頂くことになりました。



カロート内の清掃はご遺骨を一旦取り出して、高圧洗浄で表面の汚れを取ります。その後、石材専用の洗浄剤を使いながら、タワシで手洗い作業を行い、最後にもう一度高圧洗浄を行います。最後にきれいにしたご遺骨を元通りご納骨して完了です。



水はけ改善作業として、木の杭を打ち付けてカロート底部分に約25㎝の深さまで穴をあけました。年月の経過からカロート底部分の土が固くなり、水はけを悪くしていることが予想されたからです。

作業後、カロート内に水を入れて水はけをチェックしたところ、水が引いていくのが確認できましたので、表面に見栄えが良くするための砂をまいて作業完了とさせて頂きました。

【実際の費用】

お墓カロート内の清掃(高圧洗浄、手洗い作業、骨壺清掃)

10,000(税別)

お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)