お墓リフォーム最新事例

お墓外柵リフォーム前
Before After

このリフォームのポイント

  1. 外柵(お墓の囲い)を見栄えの良い化粧ブロックに取り替えました。
  2. 墓石の花立てを再加工して取り外しのしやすいステンレス落とし込み花立てにしました。
  3. 香炉(線香入れ)を墓石と同じみかげ石製で新規作製しました。
  4. 墓地内地面のコンクリートを新たに打設し直しました。
  5. 入口の階段部分はブロックだとまた、かけてしまうので、「白河石」を使用して作製、設置しました。

リフォーム概要説明

今回のご相談は、お墓の外柵がブロックで作製しており、風化が始まり、階段部分が壊れてきてしまっていることなどからご連絡ご相談を頂きました。

お施主様とご相談のうえ、今回は外柵にみかげ石を使用せず、見た目の良くなるように模様や色を施した「化粧ブロック」にて施工させて頂きました。

ブロックの厚みも以前は幅10㎝の普通ブロックでしたが、今回は幅12㎝のものを使用したので、耐久性も上がりました。



入口階段部分は一番、足で踏むところですので、ブロックではなく、「白河石」という石で作製、据え付けました。



また、墓石の花立てがブラスチックのネジで着脱するタイプでしたが、こちらも傷んできていたので、工場に一度持ち帰り、ステンレスの花筒がすっぽりハマるような穴を開け直して、再び設置いたしました。

同様に香炉(線香入れ)もネリモノ(コンクリート製)で劣化していたので、墓石同様のみかげ石で新たに作製しました。

墓地の地面も全体をコンクリートで打ち直しましたので、雑草などの心配もなく、気持ちよくお参りして頂けると思います。

【実際の費用】

既存のブロック塀外柵、墓地地面コンクリートを解体処分する作業
新しく化粧ブロックと白河石階段にて外柵を据え付けする作業
墓地内の地面にコンクリートを新たに打設する作業
墓石の花立て部材を工場にて穴開け加工をしてステンレス落とし込み式花立てに取り替える作業
香炉をみかげ石にて新規作製して設置

お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)