お墓リフォーム最新事例

お墓雑草リフォーム前
Before After

このリフォームのポイント

  1. 今後の雑草対策として刈り取るだけでなく、洗い出し仕上げにて施工しました。
  2. 洗い出し仕上げにすることでホウキ一本で今後は墓地の掃除が出来ます。

リフォーム概要説明

今回のご相談は戸塚区の寺院墓地にお墓をお持ちの方で、お盆の時期にいつもお墓の雑草を刈り取るのがたいへんで、なんとかしてほしいというお声を頂きました。

現地を確認すると、雑草が墓石を覆い、墓地からはみ出て隣家敷地や通路まで飛び出してしまっておりました。

そこで雑草を刈り取るだけでなく、今後墓地から雑草が生えてこないようにお墓に雑草対策をするリフォーム工事を行いました。



驚いたことに雑草が墓石を隠すほど生えているのですが、墓地の地面にはコンクリートが打たれていました。

コンクリートの厚みが薄く、年月も経ったことで、ひび割れ等で隙間があき、そこから雑草が生えてきてしまっていました。



そこで今工事ではコンクリートを打ち足したのちに、「洗い出し仕上げ」という仕上げで施工しました。

洗い出し仕上げは、砂利とセメントを最初から混ぜ合わせて左官のように塗りあげて、セメントが乾いてきたところでゴシゴシ洗うことで、表面の砂利が光沢を出しながら表れるのが特徴です。

モルタルと混ぜ合わせているので、砂利は固定されており、仕上げ後はホウキ一本で簡単にお掃除が出来ます。

初めにセメントと混ぜ合わせているため、年月が経っても砂利がとれにくいこともお薦めする理由のひとつです。



合わせて墓石、墓誌、外柵の目地部分のセメントが劣化してとれてしまっていたので、セメント目地補修も行いました。

墓地がきれいになり、何より今後雑草を刈り取る手間がなくなったことにお施主様もたいへんお喜び頂けたことがうれしかったです。

【実際の費用】

雑草を刈り取る作業

墓地内のコンクリートを打ち足す作業

洗い出し仕上げを施工する作業

墓石、墓誌、外柵のセメント目地の補修作業

お電話のご相談・お問い合わせメールでのご相談・お問い合わせはこちらから(無料)